中国でも南米でもお勧め「BOBLBEE・ボブルビー」のバックパック。

   

2015-12-13_20.07.48_0470_Nexus 5

くまてつ@深センです。

とうとう2016年2月になりましたね。

聞くところによると、春節(旧正月)前から5月くらいまで、ここ深センは雨が多くなるそうです。

洗濯物は乾きにくくなるし、わたしの肩、首、肘の痛みはいくらかひどくなるでしょうね。解決策は「バーグアン(拔罐)」くらいしか思いつきませんが、そのことはまた別の機会にご紹介します。

ところで、わたしとすこぶる趣味の合うM氏お勧めのバックパックはBOBLBEE(ボブルビー)というブランドのバックパックです。

しばらく日本の代理店がなくて、購入できませんでしたが2015年より再販売が始まったようです。

製品情報はこちらをご覧ください。

Point 65 Packs ボブルビーバッグ《BOBLBEE.jp》

では、どうしてこのボブルビーのバックパックがお勧めなのかをご紹介していきますね。

もちろんデメリットもご紹介します。

人と荷物の両方を護る、世界で唯一のバック。

image

公式HPよりの引用です。

1998年のデビュー以来世界各地で高い評価を受けているBOBLBEEの代表モデル「BOBLBEE 25L」(旧MEGALOPOLIS(メガロポリス))です。「BOBLBEE 25L」の最大の特徴、それは特徴的な外観からもすぐわかるように、外部を覆うABSプラスチック製モノコックハードシェル構造にあります。モノコック構造とは機体の外板にも応力を受け持たせる構造で、ほとんどの自動車や鉄道、そして一部の航空機やミサイルなど用いられている構造です。この強固な構造により内部に、ノートパソコンなどの慎重な取り扱いが必要なモノが収納可能になりました。

なるほど。鍵はモノコックハードシェル構造なのか

モノコックというと、フレームではなくて外板にて強度を持たせるってことですが、通常バックパックは布で構成されていますから、そこに強度はありません。

しかしBOBLEBEE(ボブルビー)は違います。

外側にABSプラスティックを採用していますから、強度は十分というか、変態レベル。

これをバックパックに使うアイデアが世界で唯一と言える根拠と思います。

転倒時に脊髄を護ることができるバックパック。

この強力なモノコックハードシェル構造にて、点灯時に脊髄を護ることができます。

公式HPによると・・・

「BOBLBEE 25L」は、バックプロテクションのヨーロッパ規格「EN1621-2」の最高レベル「レベル2」を取得しました。最も信頼の高いとされるドイツTUVでのテスト結果「平均ピークフォース5.8kN」という結果は、世界の既存のインターナルバックプロテクタの最高レベルに相当します。

だそうです。

もちろん、転んだら痛いでしょうけど、守るものがあるのとないのでは安心感が違います。

脊髄を護れるのであれば、カバンの中身も守れます。

当然のことですが、強い衝撃が加えられたとしても、カバンの中身を護ることができますので安心です。

わたしは通常、iPad air2とSurface3を持ち歩いていますが、これほどの強度があれば問題ありません。今後はカメラも持ち歩きたいですね。

そして中国や南米で特におすすめの理由は・・・

こちらのスリは結構大胆だからです。

2015-10-06_18.32.47_2

結構、人込みでカッターやナイフを使ってカバンを切り、そこから中身をごっそり持っていかれることもあるそうです。

わたしは深センで見たことはないのですが、近隣の地方都市ではエレベーターに乗っているときに後ろに立っているスリが前の人のカバンに手を入れている姿を見かけることがあると知人が話していました。

BOBLBEE(ボブルビー)のモノコックハードシェル構造は、カッターやナイフの刃でどうこうなるレベルではありませんので、防犯にも役立つこと間違いなしです。

雨にも強いうえに、耐久性も高い。

IMG_20160128_112628

中国の南方でもある深センでは、時々ドカッーっと雨が降り出すことがあります。

それで防水性能がどうしても重要です。

わたしが所有しているノースフェイスとドイターのバックパックは雨が降ったら、間違いなく中までしっかり浸水しますのでこちらでは使い勝手が悪いですね。

でもBOBLBEE(ボブルビー)ならかなりのレベルで雨をしのげます。

そして、友人の所有している赤のBOBLBEE 25L GTOは使用歴10年ほどだそうですが、まったくくたびれていません。

ネットで多くのブログを拝見しましたが、15年使ってもくたびれていないって意見もあり、これは耐久性も問題なさそうです。そして、部品は交換することができるのもBOBLBEE(ボブルビー)の特徴でもあります。

並行輸入にて購入したものはサポートしてもらえないようですけど、パーツ自体は公式オンラインショップでも販売していますし、とっても安心です。

カーボンのハードシェルには痺れますね。

image

BOBLBE-E パーツ シェル [メガロポリス用] Carbon Pattern / Wood Pattern【全国送料無料】 | バッグ(ブランド別),BOBLBEE | | MJSOFT《株)MJSOFT》

というわけで、とっても心惹かれるBOBLBEE(ボブルビー)25Lなのですが、いくつか問題点もあります。

そのことは次の記事でご紹介します。

くまてつでした。

そうそうアマゾンでも売っていましたが、並行輸入品はサポートがないので気を付けてくださいね。

 

 - 中国全般