深セン市でのバスの乗り方を簡単に説明します。

      2015/11/22

IMG_20151001_135211

食事のあと、帰宅するとトンさまはまだ私の枕を占領しておられました。

結構気に入ったみたいですね。

この場所。

写真を撮ろうとしたら、気に食わなかったのが文句を言われました。

口が半開きになりかけているところがまた可愛いですね。

ええ、なにをされても可愛いです。

さてそれはさておき・・・

中国でバスに乗る方法を簡単にご紹介します。

IMGP0187 (Large)

まず注意しておいてほしいのは、基本的には先払いであるってことです。

つまり一駅しか乗らなくても、最初から最後まで乗っても同じ金額だってことです。

そしてさらに注意しておいてほしいのは、こっちのバスは両替なんてしてくれません。例えば2元なら5元札しかなければ5元を投入しないといけないよってことです。

金額はバスに乗ると料金箱の前に書いてありますので、そこに投入しましょう。

もしすぐにお金が出せないなら、後ろの人を先に通してあげましょう。

走り出してからでも投入すれば問題ありません。

そして、この料金箱がないバスの場合、バスの中にいる車掌さんに行き先を言いますと、金額を言ってくれます。

このバスに当たったら・・・・頑張ってください。

中国語ができなかったら、悲しい結果になると思います。

ぜひ買ってほしいのはバスカード。深センは「深圳通」

地下鉄の駅などで売っているこのカードを買っておきましょう。

そうすればバス料金などを気にせず、自由にうろうろできますよ。

IMG_3266 (Large)

IMG_3267 (Large)

ちなみにわたしはこのカードのコレクターでして、

香港・上海・広州・北京・そして深センのバスカードを持っています。ほかの都市のカードもあればぜひとも取得したいですね。

そういえば日本のはマナカだけもってます。

バスカードはここにタッチしましょう。

IMG_20151001_133924 (Large)

バスは前から乗りますが、その時にこの端末みたいなものにカードをタッチしましょう。

ピッと言ったらOKです。

とっても便利ですよ。

降りるときは、降り口の前に立ちましょう。

いちおう、バスの各所には「降ります」っていうボタンらしきものがありますが、それを使う必要はありません。

降りたいバス停が近づいたら、後方の降り口の前に立ちましょう。

運転手さんが扉を開けてくれます。

ちなみにバスがとっても混んでいると、すべてのバス停で降りる扉を開けてくれますので慌てなくても大丈夫です。

ちなみにバスに時刻表はありません。

IMG_20150918_122229

バス停には、どのバスがどのバス停に停車するのかというリストのみ掲示されています。

よく読むと、何時から何時まで運行しているのか?

そして、何分おきに運行しているかがわかります。

しかし同じ番号のバスが連続でくることもあり、ちょうどよく乗れるかどうかは運です。

時間に余裕をもってバスに乗りましょう。

もし間に合わない場合は、タクシーを使いましょう。

タクシーの乗り出しは深セン市や広州市は10元(約200円)程度です。

まとめ

使いこなせば、とっても便利なのが公共バスです。

いろいろな場所にバス旅行いってみませんか?

公共バスの旅も悪くないですよ。

わたしも挑戦してみようと思います。

くまてつでした。

 - 広州, 深セン, 香港 ,