深セン

深センで公共バスを使いこなすために役立つ3つのもの。

更新日:

2015-09-20_09.05.57

くまてつ@深センです。

深センや広州といった大都市では地下鉄が発達していますが、やはりバスにはかないません。

深センでの生活を楽に乗り切ろうと思う場合、公共バスをどれほど乗りこなせるか?がカギとなりますが初心者にはちょっと難しい感じもします。

というわけで脱初心者を目指すわたしがバスを乗りこなすために使っているアイテムをご紹介します。

なにはなくても百度地図!

行き先がわかっているけど、最寄りのバス停や地下鉄の駅がわからない場合、最強の検索アイテム。

2015-10-17 10_19_25-百度地图

百度地图

スマホでもPCからでもとりあえず検索すれば目的地までの行き方を知ることができます。

というわけで、もしスマホを持っているなら必ず百度地図のアプリをダウンロードしておくことをお勧めします。

とりあえず行き先が分かっていればバス路線だけではなくて、地下鉄の路線も検索することができます。

中国語のみでの表記ですが、バス路線は数字とアルファベットで記載されますからわかりやすいです。

また日本人であれば、同じ漢字の国に生まれた利点をつかって読み方はわからないにしても、理解することはできると思います。

検索結果で路線番号とバス停の場所がわかれば後はバスに乗るだけで大丈夫ですよ。

もし中国語の入力ができなくても大丈夫です。

地図上の場所をタップもしくはPCであれば右クリックして場所を選びます。

するとこんな表示がでてきます。

2015-10-17 10_28_09-百度地图

なんとなく意味が分かると思いますが・・・・

「以此为起点」というのが「ここがスタート」の意味です。

というわけで、「以此为终点」というのが「ゴール」ですね。

というわけでまずはスタートを選んでみます。

青いマークのところ「南头」というところを右クリックで選択し、「以此为起点」を選んでみました。

すると「起」という緑色のマークが付きました。

2015-10-17 10_28_31-百度地图

その後、行き先を選びます。

2015-10-17 10_29_03-百度地图

画像右側の少し上のところを右クリックして、「以此为终点」を選ぶと、間髪入れずにルートを検索してくれます。

実際にはこんな画面になります。

2015-10-17 10_34_22-百度地图

このサイトの左側にルートの詳細が記載されているというわけです。

こんな感じです。

2015-10-17 10_34_42-百度地图

こうやって見ると、どのバス停からどの路線に乗ればよいのかがわかります。

この場合、南山欢乐颂站から「233路」と書いてあるバスに乗り込み、8駅後の「科发路站」で下車すればよいということがわかります。

だいたい40分程度かかるようです。

そして、サイトの下のほうを見ていくと別の路線も探し出すことができます。

ネット環境がなければ路線検索はできませんが、それでも自分で探すことができるっていうのは大きなアドバンテージになります。

しかもこの地図アプリですがオフライン対応です。

スマホでアプリを使っている場合、画面下の「我的」というところクリックしてください。

すると「离线包下载」というメニューがあります。

それと選択すると「离线地图」というメニューを選べますので、ここから滞在している都市名をクリックして地図をダウンロードしておきましょう。

もちろん、ネット環境がないと上述の路線の検索はできませんが、GPSをつかって自分のいる場所は特定できます。そして地図上でもよりのバス停を探すことができますから、なんとか目的地まで移動することができるはずです。

またこの地図があれば、行き先を表示させてタクシーの運転手にここに連れて行ってと頼むことができます。

いざとなれば使いどころがたくさんありますので百度地図は絶対にお勧めです。

すこし慣れてきたら深センのバス路線を覚えてみよう

2015-10-17 08_58_59-深圳市公交线路查询_深圳公交线路查询_深圳公交查询_深圳公交车线路查询 - Internet Explorer

公共バスは庶民の移動手段ですので、基本的には便利に作られています。

日本のように基本車で移動しますって人はまだ少数ですので、バスがしっかりしていないと生活がままなりません。

それで、不便だねって思う前にちょっと調べておくと幸せになれますよ。

まずは最寄りのバス停を確認したら「深圳市公交线路查询」というサイトで確認してみよう。

ちょっと広告がうざいですが、このサイトは深セン市の公共交通機関を調べるのにとっても便利なサイトです。

深圳市公交线路查询_深圳公交线路查询_深圳公交查询_深圳公交车线路查询

出発地点と行き先のバス停がわかっている場合は「换乘查询」というところで検索してみます。

すると、対応している路線番号の一覧が出てきますからとても便利です。

また最寄りのバス停からでているバス路線を調べるには「站点查询」を使いましょう。

すると、バス停の場所を路線を確認できますよ。

バスに乗るたびに車窓から様子を確認しておきましょう。

海外出張は中国では上海・広州・東莞・深セン、そして香港、加えてマレーシアやカンボジアも経験していますが、いつも移動中にはできるだけ外を眺めるようにしています。

そうすることで、ルートを確認するだけではなく、土地勘を早く身に着けられるように感じます。

面白そうな場所を見つけたら最寄りのバス停を記録しておけば、フリータイムに行ってみることもできますね。

最近では携帯のアプリが移動履歴を付けてくれたりしますし、写真を撮っておけば場所も記録されますからそういったものも併用するとさらに良いと思います。

そして最強のアイテムは「深セン通」つまり交通系ICカード。

2015-10-01_21.04.26_2

もうだまされたと思って買ってください。

かならず良かったと思えるアイテムです。

これさえあれば、おつりを気にせずにバスや地下鉄に乗りまくれます。

バス代をちゃんと払えないのではないかという心配があれば、バスには乗りたいとは思わないでしょう。

もちろんどこに行くにもタクシーでOKであればそれはそれで良いと思いますが、バスもタクシー並みに便利でコストは1/5もしくは1/10までに抑えることができます。

デポジットがかかりますが3回ほどタクシーで行くところをバスで行けば元が取れますのでお勧めです。

タクシーはこういった人にはお勧め。

そうそう超短期の滞在や、いつも4人で移動します。

そして行き先を中国語で言えて、多少ぼったくられたり、おつりをごまかされてもチップと思える人はバスではなくてタクシーをご利用ください。

バスが便利というわたしも、場合によっては躊躇なくタクシーを使っています。

深セン通をつかうと運賃は割引となります。

バスの場合距離にもよりますが、20-35%の割引。

地下鉄の場合、一律5%の割引となるそうです。

また乗り換えの場合も、わずかではありますが0.4元(約8円)のサービスを受けられるそうです。

深セン通についての詳しいサイトはこちら(中文)

深圳通_百度百科

中国語ですが、こちらのサイトが詳しい情報を載せています。

そのうちわたしが日本語でご紹介したいと思いますので、それまでは翻訳サービスなどで眺めてみてください。

まとめ

日本とは全く違うバスのシステム。

そもそも時刻表もないし、運賃もほとんどの路線で一律です。

最初は時刻表がなって大丈夫なのって思いましたが、意外に大丈夫です。なぜかといいますと結構な頻度でバスはきますので、時刻表の意味はほとんどありません。

考えてみると10分に1度バスが来るのであれば、最大の待ち時間は10分ですから「まあ良いか」って気持ちになります。

こっちにきていくらかおおらかになったかな?

でも大事な約束場所に行くのにバスを使う場合はお気を付けください。

そういう時に限ってなかなかお目当てのバスが来なかったりしますので。

くまてつでした。

-深セン
-,

Copyright© 猫の手も借りてます / ネコと一緒に中国深セン生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.