中国全般 深セン

マンションのシャワーが壊れてわかった中国のサービスは結構良い!ってお話。

更新日:

2015-10-20_11.04.38

くまてつ@深センです。

まずお話ししたいのは、中国のシャワーって簡単に言うと給湯器です。

マレーシアに行った時も、台湾でもそうでしたので、もしかするとこちらでは当たり前なのかもしれませんが、浴室内もしくは屋外に給湯器が設置されています。

というわけで、シャワーのパワーは期待できません。

それでもあるとないとでは大違い。

快適とはいえませんが、汗を流してさっぱりするのに必要な設備です。

そのシャワーが・・・

なんと入居3週目に作動しなくなりました。

こんな場合にどうすればよいのか体験をもって知りましたのでご紹介します。

簡単に言うと「大家さん次第」です。

住居の備品が壊れた時には大家さんが対応してくれます。

給湯器や換気扇、そしてエアコンも家に備え付けの備品です。

こういったものが故障した場合には大家さん負担で交換もしくは修理してくださいます。

鍵は「大家さんの初動」がどれほど速いか!にかかっている。

大家さんが対応してくれない限りスタートすら切れません。

ちなみにわたしたちの大家さんは本当に良くしてくださるのですが、たまたま海外にいてスタートまでに4日かかりました。

つまり4日間「水」にてシャワーを浴びたわけです。

給湯器の交換はメーカーが対応してくれました。

大家さんが帰国後に手配してくれたのは「MEIDE」というメーカーの給湯器でした。

中国のネットショップの配達は日本を超えているのはと思います。

確実に翌日には届くそうです。

そして届いたら、パッケージにかいてある電話番号に電話します。

よくわからないので、適当な数字を押して、係員を呼び出しまして・・

給湯器を付けてと話しました。

すると、明日の午前中に行きますからね。とのお答え。

このMEIDEの電話対応はとっても良くて、わたしが中国語を話す外国人だということを理解して、何度も説明してくれました。

英語が通じるかどうかはわかりませんが、おそらく対応するのだろうと思います。

次回確認しておきます。

やってきたオジサンはとっても親切。

てきぱきと作業をすすめて完了まで15分程度。

あっという間に取り付けできます。

言葉に問題があってもおそらく大丈夫だろうと思います。

でも問題点もあり。

2015-10-20_11.04.44

日本でもそうですが、取り付けに来たオジサンが何かを売りつけようとします。

わたしたちの場合、給湯器と水道をつなぐ管を交換しないといけないと言い出しまして、60元でした。

おそらく超ぼったくり価格です。

でもチップをあげるわけではありませんので、その代わりに受け入れておきました。

またオジサンの足が汚くて、彼が帰ったあと床が足跡だらけになっていました。

これは仕方ないですね。

床が石でよかったです。

次回故障したらどうするかと言いますと・・・

この給湯器。新品で700元程度。

時間がかかるようならさっさと自分で依頼して交換したほうが幸せになれそうです。

だっていろいろあって1週間水風呂でしたので本気でホテルに引っ越そうかと思いました。

でもホテルって1泊300元くらいしますから、交換したほうが安上がりですね。

というわけで、参考になればと思います。

ちなみに「MEIDE 美的」というメーカーお勧めです。

2015-10-20_13.37.17

製品の品質も、サポートも悪くありません。

我が家では湯沸かし器と給湯器。そして電気圧力釜がMEIDE製です。

どれもキチンと使えています。

次回は扇風機を購入するかな?

くまてつでした。

-中国全般, 深セン
-

Copyright© 猫の手も借りてます / ネコと一緒に中国深セン生活 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.